本文へスキップ

幕張本郷にある小児科 岩田こどもクリニックはこどもたちの笑顔が大好きです。

お問い合わせTEL. 043-275-3515

〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷2-36-21 ワンダーランド1A

うさぎのあなについて


岩田こどもクリニック病児保育室「うさぎのあな」
〒262-0033  千葉市花見川区幕張本郷2-36-21 ワンダーランド2B
TEL・FAX: 043-274-7431(ナカヨクミナイイコ)

病児・病後児保育事業受け入れ施設

うさぎのあな

病児保育室 うさぎのあなは、千葉市乳幼児健康支援一時預かり事業受け入れ施設として2001年7月にオープンし、平成20年4月からは、千葉市制度の名称変更に伴い、病児・病後児保育事業 受け入れ施設となっています。
ほんとうは、クリニック開院と同時に始めたかったのですが、実現できませんでした。
それでも私自身の子育て体験から、どうしても病児保育室を作りたかったのです。
そのときの気持ちを書き記した一文をご紹介します。 
こちらをクリックしてください


病児2人に保育士1人が寄り添って、こどもたちがゆったりとおだやかで楽しい一日を過ごせるようにきめ細かな保育を心がけています。

もしもお預かり中に病状が変化した時などは、クリニックと連携をとり、保護者ともご相談の上、適切な医療措置をとることができるようになっています。
本来は病後児保育が主体なのですが、高熱のある病気の急性期でも、しっかりと病状を把握した上でできるだけお預かりするようにしています。
ただし、麻疹など病気の種類によっては、お預かりできない場合もあります。

お書きいただく書類も多く、また、事前登録が原則になっていますので、まずはお電話ください。担当保育士から、より詳しくご説明させていただきます。

大規模災害発生時の緊急避難先として、千葉市から指定されているのは、次の3か所です。

A:幕張本郷公民館、B:一本松公園、 C:西の谷小学校 


万一、お預かりしているときに大規模災害が起きた場合には、「うさぎのあな」 に最も近くて(徒歩5分程度)、施設も充実している幕張本郷公民館に、保育士がお子さまを連れて避難し、お迎えが あるまでそこで待機することにしています。
(場所はアクセスのページでご確認ください。)


入室前診察

第1日目は、前日までに、あるいは当日朝9時以降に、岩田こどもクリニックを受診していただいてからお預かりいたします。
これはお子さまの病状をよく把握し、責任を持ってお預かりするためにぜひとも必要なことですのでご理解ください。連続してご利用になる場合、2日目以降は症状に大きな変化がなければ8時からのお預かりが可能です。

感染・予防について

水痘・おたふくかぜ・手足口病などのいわゆる伝染性疾患のこどもたちのために隔離室があり、他の疾患のこどもたちとの接触が避けられるように細心の注意を払います。
なお、院内感染予防のため、各種予防接種を受けていない場合には、お預かりできないことがあります。

うさぎのあなへの入り方 
 開室時間 月~金   8時~18時 (木曜日 休み)
土     8時~13時  
 事前登録   お預かりするお子さんの把握のため、事前登録を して下さい。急な場合は、当日登録可能です。
 利用予約  前日の18時00分までに電話予約。
定員に満たない場合は当日でも受け付けます。
但し、お子さまの状況によっては受け入れをお断りする場合もあります。
(留守番電話の場合は、お名前、症状、電話番号を入れてください。こちらから確認の電話をいたします。)
※ キャンセルの場合は必ず当日朝7時までにご連絡ください。
定 員  4名
 対象年齢 満6か月から小学生(ご相談ください)
 保育料  2014年4月改訂
1日 2050円<4100円>
土曜日・平日(6時間以内) 1230円<2460円>
< >は、市外枠の料金で別途受け入れ時に診察料が必要です。

うさぎのあなの一日

8:00~
入室時チェック 申し送り 入室
水分補給 静かに室内自由遊び   静養
10:00~
おやつ(病状に応じて)
10:30~
 看護師の回診
11:30~
食事 (   〃  )
12:00~
医師の回診 午睡
15:00~
おやつ(病状に応じて)静かに室内自由遊び 静養
15:30~
看護師の回診
18:00
おむかえ 申し送り 退室

うさぎ なぜうさぎのあななの? うさぎのあな
ポッターの童話に出てくる元気な子うさぎピーターは、一日中、外で目いっぱいのいたずらと冒険をくりかえし、走り回り、
くたくたに疲れて病気になってしまいます。
やっとの思いで大きなもみの木の下にある「うさぎのあな」にもぐりこんで、
からだを休めます。
そして優しいお母さんにお薬を飲ませてもらったりして、元気を回復するのです。
3匹のきょうだい達が、夕ごはんにごちそうをいただくのを横目で見ながら・・・・。
小さなこどもをはぐくみ、こどもの病気を癒してくれる「うさぎのあな」。
そんな温かみがあって安全で機能性を兼ね備えた こどもの居場所をイメージして、
病児保育室の名前を 『うさぎのあな』と名付けました。

持ってきていただくもの

  • 利用申請書
  • 母子手帳 
  • 健康保険証、受給券、診察ノートまたはメモ
  • お弁当 おやつ(2回分) 飲みもの 
  • 着替え パジャマ 肌着(2~3組)
  • おしぼりタオル1枚 
  • スーパーのレジ袋(汚れ物入れ)2枚 
  • バスタオル2枚 
  • 処方薬と処方内容のメモ 
  • お迎えの方が 違う場合は身分証明書。
  • その他必要な場合  粉ミルク 哺乳ビン マグ よだれかけ 食事用エプロン 紙おむつ おしりふき お気に入りのおもちゃ

医療法人社団 恵翔会 
岩田こどもクリニック岩田こどもクリニック


〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷2-36-21
       ワンダーランド1A
TEL    :043-275-3515
診療科目:小児科・アレルギー科
休診日 :木曜日・日曜日・祝日・土曜日午後
開 院 : 1994年12月16日


病児保育室「うさぎのあな」
〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷2-36-21
       ワンダーランド2B

TEL.FAX:043-274-7431(ナカヨクミナイイコ)



岩田こどもクリニック    はてなブックマークに追加  http://iwata-kodomo-clinic.com/index.html


岩田こどもクリニック
岩田こどもクリニック