本文へスキップ

幕張本郷にある小児科 岩田こどもクリニックはこどもたちの笑顔が大好きです。

お問い合わせTEL. 043-275-3515

〒262-0033 千葉市花見川区幕張本郷2-36-21 ワンダーランド1A

クリニック案内

岩田こどもクリニックについて

1994年に岩田裕子先生が開院されたクリニックです。
開院当初から、その当時にはめずらしかった「予約制」を取り入れていたそうです。少しでも待ち時間を短く、院内感染を少なく、との岩田先生の思いがありました。
2001年、病児保育室「うさぎのあな」は、岩田先生ご自身の子育て経験から切望され、千葉市で3番目の病児保育室として開室しました。「母親の代わりはいないけれど、仕事を代わってもらえない立場の母親の、あるいは父親の手助けとして、病気のこどもの世話をしてくれるシステムがあってもいい」そんな思いで、病児保育室開室にご尽力されました。
2021年3月 岩田先生が急逝されましたが、その遺志を引き継ぎ、病気のこどもたちだけでなく子育てをするお父さん、お母さんのお手伝いをもしていきたいというスタッフ一同の強い思いで、
2021年7月 岩田こどもクリニックとうさぎのあなは再開することになりました。

新しい岩田こどもクリニック

待合室
これまで岩田こどもクリニックの待合室にはテレビがありませんでした。プラスチックブロックや絵本に囲まれたおだやかな時間のながれる待合室でした。ですが、残念ながら今は絵本やおもちゃはありません。
病気のお子さんが集まるクリニックでは、院内感染対策を優先しなくてはならず、皆さんが触る絵本やおもちゃは十分な管理ができないため、置くことができません。
代わりに、小さなお子さんが眺めていても安心なDVDを流すことにしました。
予約制
院内での待ち時間短縮のために始められた「予約制」はこれからも続けていきます。
子どもの病気は急なものです。Web予約がとれない時は、お電話でご相談ください。
「予約制」は、予約なしで来院されてしまった方をお断りするためのものではありませんが、突然の来院で思わぬ感染症をもらってしまうことのないよう、ご来院される前にお電話でご相談ください。
その日の状況、お子さんの状態により、ご予約の方の合間で診察させていただくなど、柔軟に対応していきたいと思います。
予約時間ぴったりに診察することはできないかもしれませんが、クリニックでの滞在時間をできるだけ短く、安心安全に診療を受けられるようにするためのシステムとして、ご理解ください。
発熱外来
発熱外来は、電話でのご予約で通常診療と時間を分けて行っています。発熱を伴う方、症状や接触歴などから新型コロナ感染の疑いのある方は、発熱外来のお時間で診療させていただきます。
症状によっては予約時間の調整をお電話でご相談させていただく場合があります。
診察のときに、フェイスシールドやガウン、手袋など、物々しい恰好での診察となってしまい、お子さんを驚かせてしまうこともあるかもしれませんが、ご理解ください。
院内感染予防のため、来院時間を指示させていただいたり、外でお待ちいただいたりすることもあります。また、一人ひとりの診療に時間がかかるため、予約時間どおりにいかないことも多いことをご了解ください。
新型コロナの検査は、診察の結果医師が必要と判断した場合に行います。
大人の方の診療
子育て中の親御さんのお手伝いもしていきたい、というのが当クリニックのモットーであり、湿疹やちょっとした風邪・アレルギーなどでしたら、お子さんの受診のついでに大人の診療させていただきたいと思っています。
しかし、新型コロナウイルスの流行が拡大する現在、大人の方の風邪症状には注意しなくてはならない状況です。
付き添いの方に風邪症状がある場合には、診療時間を分けさせていただくこともありますので、ご了解ください。
新型コロナウイルス感染症の家族内感染が疑われる場合、基礎疾患のないご家族の軽い症状でしたら、お子さまと一緒に発熱外来で検査・診療させていただくこともできます。お電話でご相談ください。
ただし、ご高齢の方、基礎疾患のある方、症状の重い方は、成人の診療科(内科)の発熱外来を受診くださいますよう、お願いいたします。
お子さまの診療が増えて逼迫状況にある場合は、大人の方の診療はお断りすることもあります。ご了承ください。
ご家族で複数の方が同時に受診希望の場合は、必ず、お一人ごとに一つずつの予約枠でご予約ください。
Web予約で予約がとれない場合は、お電話でご相談ください。
土曜日の診療
土曜日は、非常勤医師の診察となります。申し訳ありませんが、定期予防接種はできません。
待ち時間
当院は予約制ですが、診療内容により時間どおり診察できないこともあり、ご迷惑をおかけすることもあるかと思います。

院長ごあいさつ


縁あって故岩田裕子先生のクリニックを引き継ぐことになりました。

3人の子育て中の母です。
これまで、たくさんの人たちに支えられながら、研究や病院勤務をしてきました。
子どもは大事なときに限って熱を出し、私の子どもたちも病児保育室「うさぎのあな」にお世話になりました。
病気の子どもを預けて仕事に行くことは、親にとってとても苦しいことですが、お迎えに行くと意外といい笑顔で待っていてくれたりします。
そんな「うさぎのあな」を引き継ぎ、働くお母さんたちが安心して仕事に行けるようお手伝いできることは、ありがたいことだと思っています。

子育てをしていると、思うようにいかずにイライラしたり、泣きたくなったりすることがたくさんあります。
産後まもなく、教科書どおりにいかない母乳育児で壁にぶつかったり
一生懸命作った離乳食を食べてくれないわが子に怒ってみたり
外出先でぐずって床に寝そべってしまう末っ子に愕然としたり
小児科医なのに、頭ではわかっているはずなのに、悩むことはたくさんあります。
子どもが成長して、悩む中身が変わっても、いつも悩み格闘しています。

子育てで壁にぶつかったとき、子どもの様子がいつもと違い心配なとき、小さなことでも相談できる、駆けこめるクリニックにしていきたいと思っています。
少子高齢化が進み、新しい感染症に翻弄され…、これからの小児医療に求められることは何でしょう。
これからの時代に求められることを探しながら、少しずつ、皆さまのお役に立てるクリニックにしていきたいと思います。

深沢 千絵(ふかさわ ちえ)

院長プロフィール

千葉生まれ千葉育ち

1999年
千葉大学医学部卒業
千葉大学医学部小児科入局
千葉大学医学部附属病院小児科・帝京大学市原病院小児科・旭中央病院周産期医療センター
国立千葉病院小児科 勤務を経て
2008年
千葉大学大学院医学薬学府 博士課程修了
2010年
千葉県こども病院感染症科 勤務
2021年
岩田こどもクリニック 院長就任

  • 日本小児科学会 小児科専門医
  • 日本感染症学会 感染症専門医
  • 日本小児感染症学会 小児感染症認定医
  • インフェクションコントロールドクター

当院には小児アレルギーエデュケーターがいます

当院には、小児アレルギーエデュケーター(Pediatric Allergy Educator: PAE)の資格を持った看護師がいます。
小児アレルギーエデュケーター(PAE)は、一般社団法人日本小児臨床アレルギー学会が主催するアレルギー専門メディカルスタッフの認定資格です。

喘息のお子さまの呼吸機能検査や吸入指導、湿疹のスキンケア、食物アレルギーの食事指導など、アレルギーのお子さま・ご家族をサポートいたします。



医療法人社団 恵翔会 
岩田こどもクリニック岩田こどもクリニック


〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷2-36-21
       ワンダーランド1A
TEL    :043-275-3515
診療科目:小児科・アレルギー科
休診日 :木曜日・日曜日・祝日・土曜日午後
開 院 : 1994年12月16日


病児保育室「うさぎのあな」
〒262-0033
千葉市花見川区幕張本郷2-36-21
       ワンダーランド2B

TEL.FAX:043-274-7431(ナカヨクミナイイコ)


岩田こどもクリニック



岩田こどもクリニック



駐車場について(計9台)

○ 敷地内駐車場 5台
○ 敷地外駐車場 
ワンダーランド斜め向かい側のニューシティー第2パーキングです。
43,48,60,61番。下記看板がかかっています。

いわたこどもクリニック

保険証などについて
受診の際は、必ず健康保険証をお持ちください。
保険証がない場合、自費での診療になりますのでご注意ください。
また、子ども医療費助成受給券がある方は、忘れずに一緒にお持ちください。